宮坂家の食卓

野沢菜漬け

IMG_2749.JPGIMG_2750.JPGIMG_2769.JPG野沢菜漬け。
いよいよ野沢菜漬けの時期になりました。IMG_2762.JPG
野沢菜の出来だとか、気候の様子を「みながら・聞きながら」の注文はいつも悩むところ。
今年は、11月の最終週に決定!
お天気とにらめっこしながらGO!
今回は檀夫人(千早)と北澤さん(今年まで会社のお勝手をしてくださった方)が、
お手伝いに来てくださり大助かり。
大きな束で50束。
お蔵の入り口に杜氏さんに場所をつくっていただいて開始。
楽しみな10時のお茶タイムには、お手伝いに来てくださった小口さんが
なんとキノコを持参。IMG_2765.JPG
ジコボウ・クリタケ等等の酢漬けでホット一息。
ある程度洗うと、塩・酢・醤油・酒・ザラメを準備して、
美味しく漬かれ・・・・と漬けはじめます。
どんな塩梅になりますやら!!不安と楽しみで一杯です。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年11月30日 14:24



真澄あらばしり発売

IMG_5300.JPG真澄「吟醸あらばしり」の発売日。

今年も新酒祭りとコンサート。
「あらばしり」・・・・といいますと。
私どもが結婚式を挙げましたのが24年前の「あらばしり」発売日。
この年は12月1日に発売!
そして、主人が会社に入社して翌年の事でした。
造り酒屋の事など何も知らない私にとりまして、
結婚式当日に会社の方々とは初顔合わせ。
皆さん、お顔が硬直しており・・・怖いお顔。
「なんだか、私を・・お気に召さない?」
花嫁は、気にいたしました・・・。
新酒の出荷で一番忙しいこの時期に来る嫁とは!
いったい・・・・。と、さぞかしお怒りであった事。
今となりましては、そのお気持ちが良くわかります。
25回目の出荷日は「11月22日」(いーい ふーふ)の日に。
今回は、お蔵に来てくださっている小池雄介さんから美味しいブロッコリーの差し入れが。IMG_5301.JPG
お花は、沸騰したお湯にサラダ油・塩を入れ、少々かために茹でます。
茎が美味しいので、皮をむいて千切にして、ニンニク・生姜・長葱で炒めます。

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年11月25日 17:34



真澄にあう料理

IMG_2683.JPG真澄に合う料理


本当に「食欲の秋」とはうまく言ったもの・・・。
海のもの山のものと楽しませてくれます。
地物の「赤芯蕪」を八百屋さんで見つけたので早速サラダに。
「赤芯蕪」は見たところは白蕪より大きめで不恰好なのですが、
皮を向けばなんと美しい事。
これをスライサーにかけ、千切に。
糸寒天とサラダ春菊と混ぜ合わせ。
丸抜き(そばのみ)をごま油で炒り、火が通ったところで火を止め醤油を回しいれ。
サラダの上からジャーとかける。
今勿論、お酒は真澄生酒。
あさってには「あらばしり」が出るのですが、さっぱりサラダには「真澄 生酒」で。
晩の真澄の肴に。
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年11月20日 18:35



お燗は美味しい。

IMG_2691.JPGお燗は美味しい。

 先週の週末、娘と東京へ出かけてきました。
 土曜の朝は「ブレックファーストcooked」をしてゆっくり車を走らせて。
 実家の父への様子伺いもありましたので。
 勿論、夜は宴会に。IMG_5265.JPG 辛口生一本のお燗が美味しくて・・・。
  日曜日の午後には来客が諏訪で控えていましたので早寝。
 お買い物をしたいところをこらえて早朝諏訪へ・・・。
 と、父が「信州の紅葉はいいだろうな・・・・」
 「車に乗っていく?」と私・・。
 「うん。」と父・母。
  それでは・・・。
 小淵沢で高速を降り、鉢巻道路をはしり「カントリーキッチン」で昼食。
 12時半に焼きあがる「パンドミー」の予約をして・・・。
 腸詰屋さんの「ブァイスブロスト」を見つけて。
 娘が「今晩はザワークラウト!」と。IMG_2679.JPG
 父・母のリクエストの「おそば」と面白い取り合わせ・・・。
 「奥伝寒造り」のお燗で楽しみ。
 今年50周年の両親!何時までも仲良く。
 IMG_2685.JPG

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年11月13日 15:38



ブレックファースト cooked

休日の朝食はブレックファースト cookedIMG_1704.JPGIMG_2587.JPG
 
宮坂家へお嫁入りして驚いた事は、多々あるものの
平日の会社の在る日と休日では朝食が違う・・・。
というのも??でした。
平日は決まりきったように、朝食はまずお茶を入れて甘いもので一息。
ご飯・お味噌汁・漬物・焼き魚・温泉卵などなどで。
ところが、休日になると少々ゆっくりと皆様方が起きてきて。
スープ・パン・サラダ・卵料理にハムかお芋料理・果物・ヨーグルト・コーヒー・・。
と盛りだくさん。
つくる方は・・・休日こそ気合を入れております。
主人が朝の散歩に行こう・・と誘ってくれるのは嬉しいのですが、
帰ってきてからの準備やらお腹をすかせている皆の事を考えますとついつい良い返事は出来ません。
ここのところ、寒く暗いのでお誘いも無く、熟睡の主人を横目で見ながら準備。
先日、玉ねぎを一箱買ってしまいましたので「オニオンスープ」。IMG_2584.JPG
玉ねぎをスライスして弱火で炒めること1時間以上・・・・いいにおい。
冬の到来の香りです。(お夕飯にはパンとチーズをのせてグラタンに)
スライスしたときにサラダ用の玉ねぎの仕込みも(空気にさらす、炒め時間と同じくらい)
塩コショウ・オリーブオイル・酢に漬け込んでおきます。
サラダ菜は最近見つけた原村農家の色々と入った菜。これは美味しい。
レタスだけよりも味のシンフオニー・・・という感じ。
オムレツも本シメジと玉ねぎを入れて、ハムのソテーと。
ジャガイモは蒸して藻塩で。IMG_2585.JPG
パンはゴッドマザーパン(友人の手作りパン)。
ジャムは手作りのレモンカード。IMG_2588.JPG
コーヒーはボダムのコーヒーメーカーでボコボコ・・・。
お酒はないものの至福の休日の朝です。「ブレックファースト cooked」

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年11月 4日 17:12




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2008年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年10月です。

次のアーカイブは2008年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。