宮坂家の食卓

マシューさん五晩目には家族。

 IMG_3220.JPGIMG_3234.JPG      粕汁と鰻。
五晩目ともなれば、いよいよ家族同然!

「ただいま」「お帰り」
と先ほどまで同じ屋根の下の会社にはいたものの。
帰りも一緒だったわけだけれども・・・・・。
やはり、家へ帰ってくると「ただいま」「おかえり」
となります。(この響きが大好きです)
今晩まで諏訪にいるダニエルも諏訪へ帰ってくるとまず。
「ただいま・・」です。
「日本で鰻の蒲焼は食べた?」と聞くと「まだ・・。」とマシューさん。
「河豚は山口県で食べてきたけど・・・」
「え・・いいな。」(と皆から冷たい視線)
河豚は無いけれど、諏訪では鰻をご紹介。
「えびす屋」http://www.city.suwa.nagano.jp/miyage/kawa.htmさんの鰻にしました。
義父は「えびす屋」さんの鰻が大好物、いつも召し上がりながら「ここが一番!」と。
真澄辛口ゴールドhttp://www.masumi.co.jp/karakuchigold/のお燗で「お疲れ様・・・。」「乾杯」
「れんこん蒸し」を肴にしてお燗は美味しい。IMG_3217.JPG
鰻飯を二膳、食べたところで酒粕についてダニエルが話し出し、IMG_3224.JPG
急遽、我が家の定番「野沢菜粕汁」をつくり、マシューさんニコリ。
粕デザートに驚きの顔。IMG_3367.JPGIMG_3227.JPG

「これは、カクテルバーに受ける!!」と絶賛。
「ヤッター」

・粕汁(汁物としてのIMG_3232.JPG場合)・・・おかずとしてでしたら、鮭・ごぼう・里芋など具沢山に。
  ◎酒粕・だし汁3カップをミキサーに入れて滑らかにする。刻んだ野沢菜を入れる。

  ◎大根100g・人参60g・油揚げ50g・芹 少々 
    酒粕100g
    だし汁 5カップ・塩・醤油・ 少々・酒(お好みで)
  1、大根、人参・油揚げは短冊切りにする。油揚げは油抜きしておく。
  2、酒粕・だし汁3カップをミキサーに入れて滑らかにする。
  3、野菜を出し汁で煮ておき、2、油揚げを入れ塩等で味加減をする。
  4、刻んだ芹をいれお椀にもる。
  *お好みでジャコ・桜えびを入れてお召し上がりください。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2009年1月27日 15:54




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2009年1月以降に書かれたブログ記事のうち宮坂家へフランス人のお客様カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは宮坂家へフランス人のお客様: 2008年12月です。

次のアーカイブは宮坂家へフランス人のお客様: 2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。