宮坂家の食卓

筍と日本酒!

筍の時季になりました。
長かった冬も、ここまで来ればシメシメ・・・
蕗の薹が伸びきって、ウコギに筍・・・
山椒の葉っぱがかわいらしく伸びてきて。
s-IMG_1855.jpgs-IMG_1864.jpg
岐阜の川合さんから掘りたての筍が届いたので
米ぬかと唐辛子を入れて茹でました。
茹でただけで十分美味しくて、煎り酒と山椒の葉っぱを置いて頂いた所
The TAKENOKO!
素晴らしく柔らかく美味しくて、暫くこの味で愉しみました。
海外からのお客様、今回はイギリスから、
s-画像 2363.jpgs-画像 2366.jpgs-画像 2361.jpgs-画像 2358.jpg
Timothyさんはロンドンの有名クラブのExecutivi Chef
ドキドキしながら、春の香り一杯の食卓にしました。
梅型の豆腐には蕗の薹味噌を、胡瓜をスライスして中には塩烏賊の塩抜きに胡瓜のすりおろし。
蛍烏賊にこごみ、人参の和え物。
蕪のスライスの上に鰯のお刺身と新玉葱の檸檬あえをミルフィーユのように重ねます。
上には茗荷のスライスを置きます。
(新玉葱を氷水にさらし、塩少々でもみ檸檬汁につけ込みます)
諏訪が気に入っていただけた様で、二日間延長して滞在してくださいました。
諏訪はここでようやく桜が咲き、又ここのところの冷え込みで
長持ちしています。
どうぞ諏訪へお越し下さい・・・・。

| コメント(0) | トラックバック(0)   2014年4月21日 17:17




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2014年4月以降に書かれたブログ記事のうち筍掘りカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは筍掘り: 2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。