宮坂家の食卓

旬どきうまいもの自慢会第一回イベント

 IMG_5420.JPGIMG_5449.JPG  真澄のお酒には、地野菜で。
二十四日の夜、東京の有楽町でお酒のイベントがありました。
「宝」に「旬どきうまいもの自慢会」のメンバーが食材を持ち寄り
佐竹料理長にお酒にあう料理に仕立ててもらう、という会。
実は、各蔵ではイベントをしていますが、顔をあわすのは初めてのこと。
枝豆あり、鰹のたたきあり・・・・。ともかく各地域の美味しい食材とお酒が集いました。
もちろん信州を代表して真澄は「夏の吟醸生酒」
食材は、八ヶ岳山麓の地野菜「セロリーの煮物・モロッコインゲンの味噌和え
焼きアスパラ・茹でトウモロコシ」
参加者は女性が半数ほど、お酌してまわると
「昨晩も真澄を頂いたわ・・・」
と嬉しいお話がとびかい、
「10年前にセラ真澄に寄って九谷焼、須田青蓽さんの作品を買わせて頂いて大事に使っているわ」
と話してくださる方もいたり。
「来年は御柱祭りですから、またいらしてくださいね!」と
お酒も会話も弾みました。
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2009年7月27日 18:54




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち旬どきうまいもの自慢会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは日本酒と食事の楽しみ方。です。

次のカテゴリは点字です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。