宮坂家の食卓

山菜は美味しい

画像 1226.jpgのサムネール画像 画像 1225.jpgのサムネール画像

諏訪の「呑み歩き」が終わった翌日にアメリカへ出かけた主人、
 無事に帰国し、仕事もあったので、東京へ迎えにでました。

 

ちょうど、実家には内藤武敏さんがお見えになっていました。
真澄DVDに出演していただいている俳優の内藤武敏さんは父の患者さんであり、もう五十年以上のお友達でもあり、

画像 1231.jpg
実は「同病相哀れむ」付き合いでもあります。
最近では、気弱になった父を励ましに来てくださいます。
内藤さんは、俳優としての健康管理問題、特に食べ物に大変気をつけていらっしゃり
「食」の大切さを熱弁されました。
「無農薬の酒米で真澄を作ってください」
と語ってくださいました。

さて、アメリカでレストラン周りで疲れた主人の体と胃には
やはり、旬の食べ物。
なにしろ、日本酒の仕事ですと得意先周りでは基本的には「日本食」
最近では、ラーメン屋さんにも伺います。なんでラーメンと日本酒?
ところが人気が高く、列をしているとか。
「そば前」ならぬ「ラーメン前」・・・・ラーメンを食べる前に、まず日本酒で一杯。
勿論、肴は「チャーシュー」だったり「メンマ」「煮たまご」なるほど、日本酒にいいかもしれません。
アメリカ人の方が日本酒の色々な楽しみ方を実践しているのかもしれません。
等々、のお土産話を聞きながら
「宮坂家の食卓」は山菜づくし
みやさか 山廃50で乾杯。
・根三つ葉のおひたし(さっと根三つ葉をゆで、2センチ間隔に切り4・1・1をかけ、海苔を振り掛ける。
・筍の煮物(筍・ふき・わかめ)
・野かんぞうの酢味噌和え 
・青ずいき とクレソンのサラダ 

画像 1239.jpg

画像 1233.jpg

いよいよ、今週の金曜日から「御柱祭り」上社の山出しが始まります。
またまた宴会の日が続きそうです、さて何をするかはお楽しみ!

| コメント(0) | トラックバック(0)   2010年3月29日 15:53




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2010年3月以降に書かれたブログ記事のうちみやさか山廃50カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはみやさか山廃50: 2009年7月です。

次のアーカイブはみやさか山廃50: 2011年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。