宮坂家の食卓

真澄へ海外からのお客様

IMG_8006.JPGのサムネール画像 IMG_8017.JPG   IMG_8012.JPGのサムネール画像

             スウェーデンからのお客様
日本酒をスウェーデンで広めて下さっているオーケーさん親子が
諏訪へ来てくださいました。
なんと素敵なお嬢様と訪問されたMrオーケーさん。
お酒の仕事もお嬢様とされているとかで真剣な眼差しで一品一品
味をみていかれました。

 

我が家の娘も2年前にノルーウェーに留学していたこともあり
北欧つながりで興味津々、
試験が終わったので、帰省してくれました。
何よりも、夜の夕食会の助っ人に来てくれました。
出かける前に作っておいたミートローフはあるものの、
野菜料理などなど
・ひじきのサラダ
・おからサラダ(エマのリクエスト)
・車麩の煮物
・ごぼうの炒め煮
・庭で出来たおいものサラダ(切干大根入り)
・烏賊飯
・独活とうるいのあんかけスープ
信州の地野菜ずくし
義父は熱心にフランスでの日本酒情報を聞き入っていました
通訳のキースは呑み・食べの合間に二人の会話の仲介役。
インターシップでこの冬蔵に入っているフランス人のピエールは
義母にお酌してくれたり、
「美味しい」を連発してくれておりました。IMG_8013.JPGのサムネール画像
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2010年2月26日 18:42



海外から真澄へ

 

IMG_7727.JPG

2010年のスタートの月は、稀なる急がしさ。
毎週のように海外からのお客様とお食事のご接待。
もちろん真澄のお酒のためだけに信州「諏訪」へ、
日帰りのグループが二週続けてきてくださいました。
御柱年ですから、諏訪大社秋宮へお連れして、
あの恐ろしい「木落とし坂」を見学して、というコースです。
皆さん、お腹をすかせて真澄へこられます。
リーデルグラスのアンギャルさんとは日本酒グラスを
試作するときからのお付き合い。
まったくお変わりにならない様子には、驚きます。
綺麗な女性スタッフが常に回りにいるからでしょうか!
絶対そうです・・・。
リーデルグラスのお客様には
前菜には
「真鱈の子付け(お刺身)大根餃子 烏賊めし
蕎麦米 蕪の酢の物 干し柿」

信州そば おてんぷら 安曇野 円揚げ(ニジマス)
をお出ししました。
デザートはいつもの粕デザート。
アンギャルさんは粕デザートを気に入ってくださいました。
今回はルバーブジャムで・・・。

 

翌週は、スイスエアラインのご一行。
昨年は大使がいらして大騒ぎでした、
一年の速さに驚きながらメニューを考えました。IMG_7799.JPGIMG_7795.JPG
スイス関連のかたがたが15名
真澄のスタッフ協力のおかげで無事に終了いたしました。
・ひらめの昆布締め 馬刺し
・ますの卯の花漬け わさび漬け 酢レンコン 菊花
・叩きごぼう(すりゴマ)
・松本一本葱の牛肉巻き
・おからサラダの湯葉巻き

・治部煮
・銀杏ご飯 野沢菜 奈良漬
・粕汁 粕デザート

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2010年2月 1日 15:35




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2010年2月以降に書かれたブログ記事のうち海外からのお客様カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは海外からのお客様: 2010年1月です。

次のアーカイブは海外からのお客様: 2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。