宮坂家の食卓

金沢の「焼きあなご」

金沢からの便り

金沢の叔父から大好きなアナゴが届きました。
学生時代に北陸の金沢に住んでいましたので
叔父は私にとっては金沢の親のようなもの。
また叔母は私の料理の先生でもあります。

呑み助の叔父は、時々祖母と私を夕食に誘ってくれ、
叔父はお酒を呑みながら、みんなの話をだまってニコニコ聞くのが好きなようで
祖母と叔母と私はピーチクパーチク金沢弁で食べ物の話で始まり終わる、
といった始末でした。

金沢の夏は言いようの無いほどの暑さ。
湿度の高さは有名ですから、この恐ろしい夏をしのぐには
食べ物で解消するしかありません(我が家だけでしょうか?)

学生時代は祖母から叔母から食べさせていただいたものを豆にノートに書き込んでいました。
今のようにデジカメ・パソコンが無い時代のほうがこまめな事をして楽しんでいました。

あの金沢の暑さは思い出したくありませんが、
このアナゴの味は金沢を思い出して夕食に。早速、アナゴを焼きなおして山葵醤油で、

IMG_1658.jpg

勿論、お酒は「七號」を用意。
娘も留学から帰ってきましたから、食事中の会話も多く満足満足!!
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年7月15日 12:35




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2008年7月以降に書かれたブログ記事のうち七號カテゴリに属しているものが含まれています。

次のアーカイブは七號: 2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。