宮坂家の食卓

コルディアン・バーシュのオーナーシェフ が真澄へ。

 

IMG_7662.JPG IMG_7665.JPG IMG_7631.JPG

 

ミッシェル氏とのお別れを惜しんだ後、
第二段のフランスからのお客様。
インターンシップできたフランスの青年 
ピエールさん(リヨン大学の学生で三ヶ月の真澄滞在)

 

そしてさらに驚きのゲスト。
主人と10年ほど前に訪れたフランスはボルドーのレストラン

「コルディアン・バーシュ」

http://movie1.search.biglobe.ne.jp/video/watch/568cb1093efbd8a1

そのオーナーシェフ ティエリー・マルクス氏が来日。
諏訪の真澄の蔵元を訪ねて来てくださいました。
お昼に到着。午後は蔵見学
17時からは我が家でのパーティー。
お酒は
「真澄 大吟醸 夢殿」で乾杯
「真澄 純米大吟醸 七號」「真澄 純米大吟醸 山花」
「真澄 奥伝寒造り」「みやさか」「リキュール」
とティスティングをして
料理を楽しみながらの会に・・・。IMG_7642.JPG

献立は
・真鱈・帆立貝柱の昆布締め
・ふぐの粕漬け
・狐あぶり
・かつ蛸のカルパッチョ
・蕪と金柑のサラダ
・白子の酢の物
・鱈のこの煮つけ
・ぶり大根
・かぶら蒸し(鱈・銀杏・ゆりね・きくらげ)
・かぶら寿司(蕪・鰤・麹)
・烏賊飯
・ます寿司
・野沢菜 蕪の葉のおにぎり
・粕デザート
など等

娘のあずさにも参加させてのパーティー。
バッチリお手伝いをさせて、
「私のレパートリー増えたわ。」と試験前に、
21時からは、ピエールがあずさの宿題を手伝ってくれて
「良かったじゃない・・・。」

 

 

IMG_7688.JPG

 


まだまだ続く海外からのお客様。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2010年1月19日 18:21




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2010年1月以降に書かれたブログ記事のうち真澄でパティーカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは真澄でパティー: 2009年8月です。

次のアーカイブは真澄でパティー: 2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。