宮坂家の食卓

麗子先生の餃子で真澄あらばしりを!

 

「もうーいーくつ寝るとお正月!」
と口ずさみながら、母とお正月の準備をしたのが
○○十年前のこと、
あの頃は、本当にワクワクしながら一日一日を過ごしました。
あの気持ちは何だったのでしょうか?
今では、あわただしい日々の繰り返しです。
365日営業のセラでまた、年末がやってきました。
s-IMG_2895.jpg
昨日の午前中には、セラ真澄の玄関先の杉玉に注連縄がかけられました。
午後から雪が降り、あたり一面雪景色。
セラの試飲コーナーからの景色も見事に綺麗。s-IMG_2898.jpgs-IMG_2899.jpg
 
金沢からレンコンが届きましたので、
鳥ひき肉と野沢菜で中華炒め。
山本麗子先生の餃子とで
「宮坂家の食卓」s-IMG_2900.jpg
真澄の吟醸あらばしりで頂きました。s-IMG_2903.jpg
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2012年12月29日 18:39



腹膜炎は怖い!呑み過ぎではないです!

 

なんと驚きの一週間でした。

ちょうど、先週の今頃のこと、母が元気に朝食も一諸に食べて笑っていたのに

急に、腹痛を訴えだしました!

痛みを訴えるなんて珍しい・・・

私が仕事に出るのを引き止めてふざけているのかと思いきや、

痛みはやまず、行きつけの診療所へ連れて行きました。

なんと、先生もお手上げ!救急車で病院へ

即刻、手術となり、病名は「腹膜炎」(前兆がなくて怖いものです)

 

月・火と諏訪へ「dancyu」の取材で一帰り。

取材と宴会を済ませて、東京へ!!IMG_27791.jpgのサムネイル画像

 

父の階と母の階を往復しながら「今、親孝行かな?」

 

こんなに長く一緒にいるのはお産以来かもしれません。

いずれは、我々にもくる事実・・・・と感じました。

でも、毎晩のようにお友達がお夕飯に誘ってくれて

IMG_2792.jpg

 

また、おじが

  曙橋の「かみや」に真澄が入っているから行こう。

と友達の出羽桜を乾杯に呑み、真澄の辛口生一本を何杯・・・・

美味しく頂きました。もちろんお料理の凄いこと

満席のお店でした。

 

なんと、元気が出る事か・・・看病太りとは・・・

やはり、両親の子らしからぬ。

IMG_2805.jpgのサムネイル画像

この肝心な、忙しい時季にスタッフの皆さんごめんなさい。

 

もうすぐ、帰りますね!

| コメント(0) | トラックバック(0)   2012年12月22日 10:06



結婚記念日は!

 

 
諏訪に嫁いで二十八年になります・・・・
早いものです。
思い出しますと二十八年前の十二月一日
「真澄 吟醸あらばしり」の発売日でありました。
 
酒蔵の様子など何も知らない私にとりまして
この時期に結婚式を挙げることがどのようなことなのか、
知る由もありませんでした。
 
今となっては、なんと忙しいときに?
どうして?  と思うのですが。
何でこの時期にしたのかはまったくもって覚えてはいないのですが。
 
たぶん、主人にとって「あらばしり」という商品が大事な
思いのこもった商品だったから、と思うのですが。
 
真澄の社員にとっては大迷惑なことだったでしょう。
 
今、思い出しても披露宴時にいらした真澄の社員の方々の
硬い表情は忘れられません・・・・。
 
今年の結婚記念日には子供たちからのプレゼントディナー。
ダンロで美味しく楽しく頂きました!
なんと、メッセージ入りでお花まで用意してくれて・・・
本当に我が子ありがとう!勝彦・秀彦・あずさs-IMG_2628.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)   2012年12月 5日 12:11




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2012年12月以降に書かれたブログ記事のうち時季カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは時季: 2012年10月です。

次のアーカイブは時季: 2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。