宮坂家の食卓

大晦日

「宮坂家の食卓」の大晦日、はこれから・・・・。
スタッフの助けで、2008年もここまで乗り越えられました。
皆、忙しくなると笑顔で立ち回り、本当に感謝の気持ちで一杯です。
ありがとう、お疲れ様でした。
明日の元旦は宮坂家族がお店でお待ちしています。
「振る舞い酒」も致しますので、お越しください。
玄関も、とても素敵な南天を頂きましたので、こんなに立派に。IMG_3017.JPG
御用納は31日の夕方六時。
さて昨晩から御節は作り始めたものの、これからいざ・・・。
しかし、諏訪のお正月は31日にお年とり・・・」からお正月が始まります。
子供の頃は、31日の除夜の鐘が鳴っても母と大掃除やら、お料理の用意などしていたのですが。
宮坂家へ来てからは様変わり。
この様子は、元旦にお知らせいたします。
今年もありがとうございました、来年も宜しくお願いいたします。

そうそう、今朝 息子から忠告がありました。
「母さん、誤字があったよ、寝ながら書いてるんじゃない?」と。
あわてて直しました。
書きなれない私ですので、お恥ずかしいことばかりしていますが、
息子だから注意してくれるのでしょう、ありがとう。
来年からは、気をつけます。
こんな読みにくい文章ですが、来年は楽しい話題と美味しい話に触れながら書きますね。
それでは、「和やかな食卓」で良いお年をお迎えください。
 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月31日 17:20



冬野菜と真澄

   冬の野菜の楽しみ。
冬は野菜が無い・・・。などとは思いません。
冬は冬の楽しみ方。
冬のお酒を美味しく呑むための野菜があります。
「白菜」は冬野菜の王様。まるで姿かたちも大様。
芯の部分は美味しいスープに。
葉先は蒸し物に・・・。
美味しくお酒を呑む一品が、簡単に出来上がります。
是非、「家呑み」のレシピに加えてください。
やはり、奥伝寒造りhttp://www.masumi.co.jp/okudenkanzukuri/
に・・・・。
お燗でいかがですか?IMG_2855.JPG

えびの白菜巻き
・豚ひき肉   100g
・えびのむき身 400g
・茹で筍 みじん切り 6g
・レンコン 3センチ程
・生姜  みじん切り 小さじ2
・酒   大匙 1
・塩 胡椒  少々
・片栗粉  大匙1
・ごま油  大匙2
スープ(鶏がらスープ・酒・塩・水溶き片栗粉)

先週の「白菜スープ」は芯の部分を使いましたが。/2008/12/
実はそのときの葉さきを茹でて冷水で冷まします。
えびは、背わたを除いて、お酒をふりカッターにかけます。
野菜類・調味料も加え練り混ぜて、茹で白菜の水気をきったところへのせます。
はしから巻き込み、蒸し器で6分ほど蒸します。
スープが煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて白菜にからめる。

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月24日 18:18



冶部煮 伝統料理と真澄あらばしり

IMG_2853.JPG  冶部煮と真澄あらばしり
冬のお客様がいらっしゃるとなると、主人は「献立に冶部煮を入れてね。」
と、必ずいいます。この時期ですから、お酒は勿論「真澄 吟醸あらばしり」
本来は、鴨肉を使うところ、なかなか手に入らないので、そのときは鶏肉を使用します。
先日、二回続けてのお客様でしたので、最初は手に入れましたので鴨肉で。
二回目は間に合わず、鶏肉で。
ご家庭によっては中身も変わるようですが、我が家は代々この献立で作ります。
前田家の頃からの伝統料理で、今風に言いますと「ジビエ料理」だったんでしょう。
お麩も本来は「すだれ麩」http://www.pref.ishikawa.jp/no-an/furusato/10sudarefu.html
を使用するのですが、これまた手に入りにくい。
以前は、セラ・真澄でも扱っていたのですが、
冶部煮を知らない方々にして見ますと「使いにくい」のでしょう。
消費は私ばかり・・・・。
今は、おいていなくて、皆様に認知していただければ仕入れておきます。
最近は、娘が積極的に手伝ってくれますので助かります。
伝統料理はこうやって伝えていくことがいいこと、
辰巳芳子先生のご本を読んでいても感じます。
http://www.tatsumiyoshiko.com/?p=287
http://www.tatsumiyoshiko.com/
先日も、魚が二本届き娘が「私もさばく・・・」
と言ってくれましたので二人で横並びで三枚におろしました。
意外と上手に出来た娘は気をよくしてご機嫌でした。
冶部煮
材料
鶏肉 モモ肉    一枚
椎茸        四枚(生しいたけは軸を取って飾り切りする。)
すだれ麩      一枚(生麩でもよい)すだれ麩は三角形に切る。
茹で筍       四切れ
セリ        一束
生姜        千切(水にさらしておく)
わさび       食べる間際にすり、盛り付ける。
 
だし汁   一カップ
日本酒   大匙2半
醤油    大匙2
みりん   大匙2
片栗粉   

粉以外の汁を作り、椎茸・筍・麩をそれぞれ煮つける。
肉はひと口大のそぎ切りにし、包丁の刃先で2~3ヶ所切れめを入れ、
水気をふき取る。片栗粉をたっぷりまぶし、たたいて余分な粉を払う。
野菜よりは少々お酒を多くした汁で火を入れる。
さやえんどうは筋を取って塩ゆでにする。
セリはサット茹で、結ぶ。
器に野菜を色よく盛り付け、肉を入れとろみの付いた汁を入れ、絹さやを飾り。
生姜の千切、わさびをおく。 
 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月22日 19:05



残念ながら行かれません。

IMG_1674.JPG「音の旅人」
 
急なお便りを頂きました。
温石さんの真里子さんからで。
http://onjaku-tadokorogaro.com/
今週末、21日に温石さんで行われるコンサートとちょっとしたお料理付き。
というもの・・・。
本来だったら、飛んで行きたいところなのですが。
19日~21日までは、諏訪の片倉館で「クリスマスマーケット」が開催。
このお手伝いで、粕汁を作らなくてはいけないのです・・。
音の旅人
風のように来ては去り旅人。残していくものは音楽。
井上周子(リュート・歌・語り)
12月21日(日)18時時半開場
         19時開演
於:温石」 松本市本町1-3-27
入場料:3500円(ちょっとしたお料理付き、お飲み物もご用意)
*人数に限りがありますので、必ずご予約お願いいたします。
お電話    0263-36-0985IMG_1681.JPG

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月20日 15:09



冷酒とお燗の間には。

IMG_2851.JPG
冷酒からお燗へいくには・・・・。
忘年会のお酒のコースは。
真澄「夢殿」で乾杯。
真澄「吟醸あらばしり」生原酒でガブリ。
真澄「本醸造 特選」今年のIWC(インター・ナショナル・ワイン・チャレンジ)ロンドンで開催。
で見事、金賞を頂いたお酒。
こうなりますと、お料理のレシピにひとねり。
今日は、その中で冷酒とお燗に入るときの一品のご紹介。
「おっととと・・・・・お燗の前に。」
と呑んでいただき。
「これは何?」と目が点になって、主人のお気に入りエスプレットカップを覗いてました。
「なんと不思議なスープ」

白菜の芯の部分  1/4
・ホタテ缶     1缶
・バター      大匙3
・鶏の蒸汁      3カップ
・酒         1/3カップ
・牛乳        2カップ
・塩・胡椒・粉チーズ・トッピングチーズ(パルミジャーノ・レジャーノ)
(作り方)
白菜の芯の部分を千切にして、バターで炒めホタテ缶を汁ごと入れて炒める。
鶏の蒸汁・酒・で煮詰める。
フードプロセッサーにかける。
塩・胡椒・牛乳で味を調える。
最後にチーズを加える。

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月16日 13:25



真澄を2合

IMG_2819.JPG
    主人が一週間の出張(香港)から帰ってきました。
留守の間に「あそこの掃除、ここの片付け・・・・」などと思っていたのですが。
やはり、毎晩のように義父と母(特に義母)との晩酌では、ついつい呑みすぎ。
義母は「あらばしり」が大好きですので、「買って来て・・・」とリクエストがあるものですから。
毎晩「あらばしり」で手酌で・・・。
「あら、今日は2合は呑んだかしら?ねえ・・・公美さん」
などと言いながら。食事が終わり。
「片付けはしておきますから、いいですよ・・。」「あら、いい?悪いわね・・。」
母との会話。私もほろ酔い気分で片付け後、バタンキュー!
結局、あっという間の一週間でした。
久しぶりに見る主人は、また大きく成長なさってまして。
あらら・・・。
そこで、本人の希望もあり「湯豆腐」に。
今では慣れましたが、最初の頃は「こんばんは湯豆腐。」といわれてもおかずににならないのでは?
と思っていたのですが。
宮坂家の「湯豆腐」は塩たらと野菜が入るんです。IMG_2820.JPG

「塩たら」の存在も知らなくて、最初は驚きでした。
実家の父も「湯豆腐」が好きでしたが、本当に昆布に豆腐、薬味のみ。
本当に、家庭によって違うものなんですね。IMG_2815.JPG
丁度、2週間前に漬けた野沢菜も食べはじめたので味見。

パパ、お疲れ様でした。
 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月10日 17:17



真澄へフランスからのお客様

 IMG_2776.JPG
新酒が出来て、初めての海外からのお客様。
主人から「我が家でのご接待」・・・といわれて、
いつもの事とはいうものの、今回は流石にメニューに悩みました。
特に、全国の蔵元5件を回られた最後の蔵が真澄。
とあらば・・・。
キースさんが私にメンバーリストを渡してくれたのが前日の事。
早めに言うと緊張のあまり断る、と心配したんでしょうね。
ディディエ・ビュローさん(シャンペンメーカーのデュバル・ルロワ社のシェフ・ソムリエ)
エリザベット・スコットさん(雑誌ELLEのジャーナリスト、有名フードライター)
クリスティアン・マルトレーさん(ミシュラン2つ星のアルベール1er(シャモニー)のシェフ・ソムリエ)、
パスカル・レノネッティさん(ソムリエ仏チャンピオン、ミシュラン3つ星のオーベルジュ・ド・リルのシェフ・ソムリエ)、
オリビエ・プシエさん(ソムリエ世界チャンピオン2000年)、
宮川圭一郎さん(真澄インポーター「イセ・エ・カンパニー」のソムリエ)

 

IMG_2784.JPG

 

IMG_2781.JPG

前菜には、蕎麦の籠の中にムカゴ・クワイ・たらの芽の素揚げ。蕎麦味噌。
百合根の寒天よせ。卵の白身の中身は黄身・ホタテのクリームチーズ・胡椒・いくら。
おからを梅型に抜き、白胡麻。きんかん。
お刺身は鯛の昆布じめ・信州サーモン。
坊ちゃん南瓜を蒸した上に揚げ物(レンコンの穴にえびのすり身入り・下味サバ)大根おろし。
胡麻豆腐にしめじの胡麻油炒めに花菊と紫蘇葉の和え物。
くるみ和え。冶部煮。蕎麦米の汁物(松茸入り)。一口おにぎり。
加賀棒茶。粕デザート(ぶどう味)。
不思議な食べ物が目の前にあって、デジカメで写真を撮っていました。

冶部煮を一口食べては。グー!と指を向けられたときは嬉しく。
綺麗に食べてくださったお皿には驚きました。IMG_2783.JPG
どんな感想だったのかしら?と心配です。

IMG_2780.JPG

IMG_2778.JPG

IMG_2786.JPG

 

 IMG_1665.JPG

| コメント(0) | トラックバック(0)   2008年12月 2日 12:11




文字サイズ変更 小 中 大

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

宮坂 公美
衣食住に大変興味深く特に、食・器に関しては貪欲極まりない両親の元で育ち大学時代に様々なジャンルの料理教室に通い、母の教えの下父のお客様への「おもてなし」は日常茶飯事。

大学卒業後、ご縁があって当年結婚、三人の子育て中、三番目が小学校へ入学を機に、私も社会人一年生に。

「酒のある和やかな食卓」をテーマにCella MASUMIオープン
信州が好き・人が好き・お酒が好き。